波板鋼板を新しい波板鋼板へ葺替工事

見た目は以前と変化有りませんが、
・軒先広小舞/桟木全面全周交換
・下地ルーフィング張替え
・断熱材(スタイロフォーム)全面敷込み
を施しましたので『断熱・防音』効果は以前より数段アップしています。

詳しくはこちら

セメント瓦撤去・新規シングル屋根材施工工事

古くなったセメント瓦を撤去して新しくアスファルトシングルを
施工したアパート屋根の現場です。
広小舞は交換して下地板に合板を増貼りしました。
ルーフィングは釘穴止水性の高いゴムアス系を使用しています。
築年数が経っている建物ですので屋根材の重量も軽くなり、
建物へ掛る付加も軽減されたと思います。

詳しくはこちら

鉄板波板張替え工事(倉庫)

台風被害で剥がれた倉庫の屋根を同じ波板で張り替えた現場です。
下地の鉄骨(C型鋼)も塩害・経年による劣化が激しかったので、
併せて交換し波板を留める波板ビスも、傘径が大きめの物で施工しました。

詳しくはこちら

屋根カバーリフォーム

2階和室への雨漏りが発生した為、部分補修をして塗装を施す案と、全体的に屋根をカバーしてしまう方法の2案でご検討頂きました。経年により他の箇所も傷んできては…とのことで、カバー工法をご選択いただきました。

詳しくはこちら

金属屋根工事

屋根材の老朽化が進みお手入れ時期でした。既存カラーベスト屋根の上に重ねて遮熱塗装ガルバリウム鋼板を葺く工事をさせていただきました。屋根を葺き直すよりも、低コストで施工の日程も短く出来ました。

詳しくはこちら

屋根カバー工事

屋根塗装でも可能な状態でしたので、高耐久屋根塗料での施工とリーズナブルで高耐久なアスファルトシングル材でのカバー工法をおすすめさせていただきました。今までのカラーベストよりも洋風でお洒落に仕上がりました。

詳しくはこちら

屋根カバー工事・外壁塗装工事

屋根・外壁塗装でのご依頼でしたが、今後のメンテナンスのランニングコストを考え、屋根はカバー工法でお勧めしました。カバー材は金属屋根とアスファルトシングル屋根で検討され、コストパフォーマンスの点からアスファルトシングル屋根「リッジウェイ」を施工しました。

詳しくはこちら